トップページ»  内科担当医師の紹介

内科担当医師の紹介

ご挨拶

小川 英風

皆様こんにちは。
東京港診療所に赴任して6年。受診者の皆様と近隣の医療機関、企業内にある医療機関に支えられて東京港診療所は歩み続けてまいりました。
このたび平成23年4月1日、多くの思い出を残して旧診療所を閉院とし、隣接地にオープン致しました。今まで以上に診療に傾注し皆様の健康管理、ならびに予防医療に貢献したいと考えております。どうぞ今後とも東京港診療所をご愛顧下さい。

院長 小川 英風
 

 

経歴

平成 7年   昭和大学医学部 卒業
平成 7年~  昭和大学附属豊洲病院消化器科 入局
平成17年~ 財団法人東京港湾福利厚生協会 東京港診療所 院長
平成23年4月~東京港診療所 院長
昭和大学附属豊洲病院・内科講師(兼任)
 

 

専門とする疾患など

 このたびの移転を機に、早期がんの発見率を上げるべく、旧診療所で対応しておりましたバリウム検査を廃止、胃がん検診はすべて内視鏡検査を行っております
 しかし、内視鏡検査は苦痛を伴うもの、と考えていらっしゃる方が多いことも承知しております。苦痛を伴うと、毎年でも内視鏡検査を受けよう!とは決して思われないでしょう。これではせっかく検診をされても、検査データが蓄積されないため、非常に勿体ないです。 
 当院では検査時の苦痛を極力感じないようにするために、適切な鎮静剤を使用し、内視鏡操作方法を工夫して、苦痛が少なくなるように心掛けております。
 HP上でもお伝えしきれないこともございますので、どうぞお気軽にご相談ください。(診療中の電話での対応は難しいこともございます。受診中の外来患者さんが最優先ですのでどうぞご了承ください。)
 

 

所属学会・認定医など

【院長:小川英風】 
・医学博士 
・日本内科学会認定内科医 
・日本消化器病学会専門医 
・日本消化器内視鏡学会専門医 
・日本医師会認定産業医
・昭和大学附属豊洲病院内科講師(兼任)
 

 

スタッフの紹介

■眼科担当・小川美穂医師の紹介は別に設けさせていただいております。どうぞご参照下さい。

■当院のスタッフは、看護師2名、コメディカル3名で構成されております。
スタッフは自分自身の経験に基づいて患者さんに接しています。患者さんからは優しい、明るい、笑顔が絶えない、とお褒めの言葉を頂戴しております。しかし、若手のため、患者さんよりも社会的経験が未熟で、至らないことも多々あるかと思います。お気づきの点はどうぞ、院長までお知らせください。